肌荒れ治す方法

肌荒れを何とかしたい!


痒みがでたり、顔が汚くなったりなど肌荒れが起こると人前に出るのをためらってしまいますよね(汗

 

その肌荒れを何とかしようと洗顔したり、病院にいったりして対策をしようとしても治らなかったりするわけです。

 

基本的に洗顔をしてもダメ、病院にいってもステロイドなどの対処療法しかしてもらえません。

 

そこで、私の提案する肌荒れ治す方法を紹介しようと思います。

 

私の考える肌荒れを治す方法は、肌荒れが起きる根本的な原因を解説するとともに、正しい治し方をお話します。

 

肌荒れが起きる原因


そもそも、どうして肌荒れが起きてしまうのか?その原因は肌の水分量低下による【肌のバリア機能の低下】によるものです。

 

肌のバリア機能が低下すると【外部刺激】を受けやすくなるのです。

 

そのため、ちょっとした外部刺激を受けてしまうと痒くなったり乾燥するようになります。

 

つまり、お肌に水分を与えていないため肌荒れを起こしてしまうのです。

 

お肌に水分を!


肌荒れが起きる原因が肌の水分不足だということが分かったので、次はお肌に水分を補給する方法を紹介します。

 

水分を補給するといっても、しっかり手順があります。

 

その手順がコチラです。

 

手順1 クレンジングを行う
手順2 洗顔をする
手順3 保水化粧品でお肌に水分を与える
手順4 保湿化粧品で保湿をする。

 


保水をする前に最初はクレンジングと洗顔を行います。

 

顔を綺麗にしていない状態で保水をすれば、汚れた状態で肌に水分を与えるので危険です。

 

なのでしっかり綺麗にしてから保水をするようにします。

 

クレンジングと洗顔の違い

クレンジングと洗顔って一緒じゃないの?ってよく疑問に思う人がいます。

 

それもそのはずで、最近の化粧品ではクレンジングと洗顔の役割を一つにできる物まであるので、よく勘違いされがちです。

 

なので、クレンジングと洗顔の違いについてお答えします。

 

クレンジング

クレンジングとは、メイクなどの脂汚れや、毛穴につまった汚れである黒ずみや角栓などを落とすことをいいます。

 

簡単に説明するとメイク落としのような油性の強い汚れをとる役割のことです。

 

洗顔

続いて洗顔は、お肌に必要のなくなった角層や余分な皮脂や汗・ホコリなどを落とすことをいいます。

 

それならクレンジングだけで大丈夫なのでは?と思われるかもしれません。

 

ですが、洗顔の場合はクレンジングと違い水性の汚れを取る感じになります。

 

油性水性、それぞれ性質が異なるので、落とせる方法も違ってくるというわけです。

 

なのでクレンジングと洗顔の二つを行うということです。

 

よく耳にするW洗顔が良いと言われていますが、油性と水性のそれぞれ異なった性質の汚れを取ってくれるからこそなのです。

 

だからこそ、肌荒れを解消する手順としてクレンジングと洗顔は絶対に必要です。

 

保水と保湿


クレンジングと洗顔を行った後に保水と保湿という手順で書きましたが、保水と保湿も異なるのでお話しします。

 

まず初めに保水とは、化粧水などを肌に浸透させて肌の水分を補給させることをいいます。

 

簡単にいうと、お肌に水分を与えるという事になります。

 


次に保湿とは、肌が潤った状態を保つことで、乳液や保湿クリームなどの油性化粧品で、肌から水分が逃げないように蓋をする役割の事をいいます。

 

保水だけにすると、すぐに肌から水分が抜けていくので、それを防ぐために保湿をします。

 

 

なので保湿だけをしていると、いずれ肌荒れを起こしてしまうのです。

 

そうならない為に保水を先にして保湿をしましょう。

 

以上の手順を守ることによって、乾燥を防ぐことができ、肌荒れを防ぐことが出来るかと思います。

 

保水のオススメ化粧品


クレンジングと洗顔の後に保水が必要になるわけですが、効果が長持ちする保水化粧品があります。

 

それが【PG2 マリーンリッチ】です。

 

 

この化粧品で保水をすると、普通の化粧品よりも肌の水分量を保ってくれます。

 

保水だけでなく保湿成分もあるため、保水と保湿を同時に行うことができます。

 

同時に行えるので、その分の手間も省けます。

 

他にも60種類の美容成分が配合されていて、お肌にいい影響を与えてくれます。

 

さらに強い保水力を持っているので、通常より肌荒れが治りやすいです。

 

ですが、この化粧品を使う前に、クレンジングと洗顔は必ず行ってから使うようにしてください。

 

まとめ

以上が肌荒れを治す方法になります。

 

@クレンジングA洗顔B保水C保湿

 

この手順を守って肌荒れを治してみてください。

 

お肌に水分を与えてあげれば肌のバリア機能が回復するので自然と肌荒れが起きにくい肌になってくれることかと思います。

 

それでは、人に見せても恥ずかしくない肌になるために努力をしていきましょう!