肌の負担にならないクレンジングオイルを紹介

クレンジングオイルは肌の負担になる訳

クレンジングオイルは肌に良くない!という情報を肌関係の悩みを持った人であれば耳にしたことがあると思います。

 

それもそのはずで、美容関係の本でクレンジングオイルは肌の負担と書かれていたりします。

 

そのおかげでクレンジングオイルを使う人が少なくなったのも事実ですね。

 

でも何故肌の負担になるのか?その理由は汚れなどを落とすために使われている石油由来の界面活性剤を多く使っているからなんですね。

 

これを聞くと界面活性剤に悪いイメージが付きますが実は普段私たちが生活している中で使っているシャンプーや洗濯剤、様々な化粧品に使われています。

 

界面活性剤が無いと、顔も体も髪も洗うことが出来ない訳です。

 

市販で売っているシャンプーなどは、界面活性剤を多くは使っていないので使っても肌に負担がかからないですが、クレンジングオイルはそれを多く使っているために肌に負担がかかってしまうという訳なのです。

 

ですが、クレンジングオイルにも開発が進んでいて肌に影響のないクレンジングオイルを完成させている物があります。

 

肌の負担にならないクレンジングオイル

肌の負担にならないクレンジングオイルが【ミムラ クレンジングオイル】です。

 

 

何故肌の負担にならないのかと言えば、ミムラのクレンジングオイルには石油由来ではなく、マイルドに洗う植物由来の非イオン界面活性剤を配合しているからです。

 

石油ではなく植物なので、肌への負担が軽くなり、潤いを与えてくれるものになっています。

 

自然の中からとれる植物オイルだからこそ体に優しく安心して使うことができます。

 

ですが、使い方を誤れば意味も無くなるので使い方についても触れておきますね。

 

使う前に手を洗う

これは当たり前かもしれませんが、手を洗い綺麗にしておかないと雑菌がついた状態でクレンジングしてしまうので肌トラブルが発生しやすくなります。

 

なので、使うときは必ず手を綺麗な状態にしてから使います。

 

使うときは手も顔も濡らさない

クレンジングオイルは、油で落とすものなので、手と顔が濡れていると水とまざっちゃうので、オイル本来の力が発揮できません。

 

そのため効果が薄れます。

 

なので、手を綺麗にした後はしっかり拭いてから使うようにすると良いです。

 

乳化させる

顔にオイルを馴染ませた後は【乳化】を行います。

 

顔にオイルを塗った後の手にぬるま湯を数滴たらします。

 

そして手のひらでくるくると混ぜ、乳化させたら顔全体にそれを付けます。

 

鏡を見つつ、顔全体のオイルが白く濁った状態になったら、もう一度ぬるま湯で洗い流します。

 

この手順を踏むことで、綺麗に汚れを落とすことができます。

 

公式サイトのほうにも手順が記載されているので、使うときは一度見てみることをオススメしますよ!

 

 

まとめ

クレンジングオイルは肌の負担が大きいといわれていますが、ミムラのクレンジングオイルはそれを無くしたものなので安心して使えると思います。

 

さらにミムラのクレンジングオイルはW洗顔不要なので、これ一本だけで済みます。

 

他にも保湿成分のある6つのオイルを配合しているので、カサカサになりにくくなるおまけ付きです。

 

なので、クレンジングオイルに抵抗を持っていた人は是非手にして使ってみてください。